鋼材鋼管の販売加工 - 山一鋼管 メールでのお問い合わせ 資料請求・ダウンロード

最近天気が安定しませんね。

来たる夏は去年より暑く、豪雨も多いというまさに地獄の様な季節になるでしょうとどこかのニュースで見ました。

 

 

そんな中家に篭ってすることとは…

 

そうです。

映画鑑賞ですね。

 

 

最近観た映画でお勧めを一つご紹介したいと思います。

 

「シェフ」

2015年公開の映画です。

一流レストランで総料理長を務める主人公はオーナーと衝突し店を辞めてしまいます。

 

その後、離婚した妻との間にできた息子と元同僚と共にフードトラックで移動販売することを決意するのですが、

 

この主人公、料理に対する熱意と腕は確かなのですが、夫として、父親としてはダメダメ。

 

奥さんにも愛想を尽かされ、たまに会える息子との約束もドタキャンし仕事を優先することはしょっちゅう。息子は毎度の事ながらも寂しがっていました。主人公の職場や仕入れについて行きたがる際にも、主人公なりに息子を想ってでしょうか。「汚い言葉が飛び交う環境だから」「危ないから」などと言った理由でほとんど拒否します。

 

息子の希望でフードトラックの仕事を手伝うことなんやかんやで渋々承諾し、元同僚も加えてアメリカ中を旅する訳なのですが、

 

そこでは色々なことがありながらも、父と子の絆、互いの成長が垣間見えるわけです。

 

 

父親の背中を見せるというのはこういうことかと思いました。

 

 

いいカッコばかり見せようとするのではなく、不器用でも多くの時間を共にすることで子は喜び、学び、成長する。

 

そんな風に思わせてくれた作品でした。

 

みんな大好きNetflix、U-NEXT etc…で観れます。良かったら観てください。

水内

コメント投稿フォーム

topへ戻る

TOP