山一鋼管

メールでのお問い合わせ 資料請求・ダウンロード

ITEMS

取扱製品

引抜きパイプ

引抜きパイプは、特定の製造プロセスを用いて作られた鋼管の一種です。このプロセスは、鋼材を高い精度と均一性を持つ管状に成形するために使用されます。以下に、引抜きパイプの特徴と製造プロセスを説明します。

構造
高い寸法精度と滑らかな表面仕上げで、均一な壁厚と強度を持ち、継目のない(シームレス)構造です。
製造方法
引抜きパイプの製造は、「引抜き」または「コールドドローイング」というプロセスを通じて行われます。このプロセスでは、まず鋼のブロック(ビレット)を加熱し、その後、パイプの形に押し出します。次に、パイプを冷却し、特殊なダイを通して引き抜きます。この引抜きプロセスにより、パイプの外径と壁厚が精密に制御され、均一な品質が保証されます。
用途
その高精度と品質のために、機械部品、油圧シリンダー、オートモーティブ部品、航空宇宙産業、高圧配管システムなど、特に精密さが求められる用途に広く使用されます。
材質
一般的には炭素鋼や合金鋼が使用されますが、特定の用途に応じてステンレス鋼や他の特殊材料で製造されることもあります。
サイズと形状
引抜きパイプは、さまざまなサイズや壁厚で製造されます。これにより、特定の用途に合わせて適切なパイプを選択できます。

引抜きパイプの製造プロセスは、製品の品質と性能に大きく影響を与えます。そのため、高い精度や特定の機械的特性が必要な用途において、引抜きパイプは非常に重要な材料となっています。

引抜きパイプの鋼材加工実績

このカテゴリーの投稿はありません。

topへ戻る

TOP