山一鋼管

メールでのお問い合わせ 資料請求・ダウンロード

ITEMS

取扱製品

メッキ加工

鋼管のメッキ加工は、鋼管の表面に他の金属や合金の薄い層をコーティングすることで、耐腐食性、耐摩耗性、外観、またはその他の特性を向上させるプロセスです。以下に、一般的なメッキ加工の種類とその特性を説明します。

用途
メッキ加工は、鋼管の機能性や寿命を大幅に向上させることができる重要な工業プロセスです。特に、腐食や摩耗に対する耐性が必要な用途において、鋼管の性能を強化するために広く利用されています。
主な種類
亜鉛メッキ(ガルバナイズ):

亜鉛メッキは、鋼管を溶融亜鉛の浴槽に浸すことによって行われます。このプロセスはホットディップガルバナイジングと呼ばれ、鋼管に優れた耐腐食性を提供します。外部配管や建築材料、農業設備などに広く用いられています。

ニッケルメッキ:

ニッケルメッキは、鋼管の表面にニッケル層を電気化学的にコーティングすることで行われます。ニッケルメッキは、耐腐食性、耐熱性、表面の硬さを向上させるために使用されます。

クロムメッキ:

クロムメッキは、鋼管の表面に薄いクロム層をコーティングすることで、高い硬度、耐摩耗性、そして鏡のような光沢を提供します。自動車部品や装飾品によく使用されます。

カドミウムメッキ:

カドミウムメッキは、鋼管にカドミウムの層をコーティングすることで、優れた耐腐食性を提供します。ただし、カドミウムは環境や健康に対するリスクがあるため、使用は限定されています。

錫メッキ:

錫メッキは、鋼管に錫をコーティングし、錆びや腐食を防ぐために使用されます。食品加工業や飲料容器などで用いられることがあります。

亜鉛-ニッケル合金メッキ:

亜鉛とニッケルの合金層を鋼管にコーティングし、特に高い耐腐食性を提供します。このメッキは、厳しい環境で使用される産業用途や自動車部品に適しています。

鋼管メッキは、耐腐食性や耐摩耗性を向上させるプロセスで、目的や用途に応じて様々な加工方法が使い分けられています。

メッキ加工の鋼材加工実績

このカテゴリーの投稿はありません。

topへ戻る

TOP