山一鋼管

メールでのお問い合わせ 資料請求・ダウンロード

ITEMS

取扱製品

鋼管継手

配管継手は、配管システムの設計と構築において不可欠なコンポーネントであり、以下のような多様な用途で使用されます。

用途
鋼管継手は、鋼管配管システムにおいて、管の接続、方向の変更、管径の調整、分岐などを行うための重要なコンポーネントです。以下に、鋼管継手の主な種類とその特徴を説明します。
主な種類
エルボ(肘継手):

エルボ継手は、管の方向を変えるために使用されます。45度、90度、あるいはその他の角度で提供され、管路の方向転換に用いられます。

ティー(T字継手):

ティー継手は、管路を分岐させる際に使用されます。一つの入口と二つの出口(またはその逆)を持ち、主管から分岐管への分け方に使用されます。

クロス(クロス継手):

クロス継手は、四方向に分岐を作るために使われます。これは一つの入口と三つの出口(またはその逆)を持ち、複数の方向への配管を可能にします。

カップリング(結合継手):

カップリングは、二つの管を接続するために使用されます。フルカップリングとハーフカップリングがあり、それぞれ両側または片側にのみスレッドがあります。

リデューサー:

リデューサーは、異なるサイズの管を接続するために使用され、大きいサイズの管を小さいサイズに変換します。同心リデューサーと偏心リデューサーの二種類があります。

ユニオン:

ユニオン継手は、管路の分解や再組み立てを容易にするために設計されており、メンテナンスや修理時に便利です。

キャップ:

キャップ継手は、管の端を閉じるために使用され、未使用の管路を封鎖します。

ニップル:

ニップルは、短い管片で、両端にスレッドがあります。他の継手やバルブ、機器との接続に用いられます。

配管継手は、産業施設、住宅、商業ビル、公共インフラなど、幅広い環境での配管システムに不可欠な要素です。

鋼管継手の鋼材加工実績

このカテゴリーの投稿はありません。

topへ戻る

TOP