山一鋼管

メールでのお問い合わせ 資料請求・ダウンロード

ITEMS

取扱製品

C形鋼

C形鋼(CチャンネルまたはCセクションとも呼ばれる)は、断面が「C」の形をした鋼材です。この形状は、多くの構造的用途で重宝される独特の特性を持っています。

構造
C形鋼は、その名の通り、横断面が「C」の形をしています。これにより、強度と剛性を提供しながらも、比較的軽量であるため、構造的なアプリケーションに非常に適しています。
製造方法
通常、C形鋼は熱間圧延プロセスを用いて製造されます。このプロセスでは、鋼の板が高温で圧延され、特定の形状に成形されます。
用途
C形鋼は、建築や建設業界で広く使用されます。建物のフレームワーク、屋根の構造、床のジョイスト、橋梁の構造部材、工業用ラック、トレーラーフレームなど、多様な用途に対応します。
材質
一般的には炭素鋼が使用されますが、特定の用途や環境に応じて、合金鋼やステンレス鋼を使用することもあります。
サイズと形状
さまざまなサイズ、厚み、長さで製造されます。これにより、特定の構造要件や負荷条件に合わせて適切な材料を選択できます。

C形鋼のこのような特性は、構造物における強度、耐久性、およびコスト効率のバランスを提供します。また、その多用途性と経済性から、建築および工業用途において広く利用されています。

C形鋼の鋼材加工実績

このカテゴリーの投稿はありません。

C形鋼 寸法表

サイズ(mm) 単重 kg/m
1.6 x 60 x 30 x 10 1.63
2.3 x 60 x 30 x 10 2.25
1.6 x 75 x 45 x 15 2.32
2.3 x 75 x 45 x 15 3.25
1.6 x 100 x 50 x 20 2.88
2.3 x 100 x 50 x 20 4.06
3.2 x 100 x 50 x 20 5.50
3.2 x 120 x 60 x 20 6.51
3.2 x 125 x 50 x 20 6.13
3.2 x 150 x 50 x 20 6.76
3.2 x 150 x 65 x 20 7.51
3.2 x 150 x 75 x 20 8.01
3.2 x 150 x 75 x 25 8.27
3.2 x 200 x 75 x 20 9.27

<注意>
お見積もり・ご注文の際は必ず弊社担当まで在庫やサイズや重量の確認をお願いします。
このサイズ表はお客様の業務上の参考としてお使いください。

topへ戻る

TOP