山一鋼管

メールでのお問い合わせ 資料請求・ダウンロード

ITEMS

取扱製品

軽ミゾ(軽溝型鋼)

「軽溝型鋼」は、一般的に建築や構造用途で使用される鋼材の一種です。これは、特にその形状と用途において特徴的な鋼材であり、以下のような特徴があります。

構造
軽溝型鋼は、その名の通り、溝の形状をした断面を持ちます。この溝は、通常U字型やV字型のプロファイルをしており、軽量ながらも一定の強度を提供します。
用途
この種類の鋼材は、建築や工業の分野で、軽量ながら強度が必要な構造部材として使用されます。具体的には、フレーミング、サポート、レールシステム、ケーブルトレー、棚などの構造に用いられます。
材質
軽溝型鋼は、主に炭素鋼で製造されますが、特定の用途や環境に応じて合金鋼やステンレス鋼を使用することもあります。
製造方法
これらは一般に、熱間圧延または冷間成形プロセスによって製造されます。熱間圧延はより大きな断面サイズに適しており、冷間成形はより精密な形状と寸法の制御を可能にします。
サイズと形状
軽溝型鋼は、さまざまなサイズ、形状、および厚みで製造されます。これにより、特定の構造要件や負荷条件に合わせて適切な材料を選択できます。

軽溝型鋼のこのような特性は、特に建築および工業分野における様々な構造的用途において、その軽量性と強度のバランスにより重宝されています。また、その形状は、多様な機能的用途に対応するための設計の柔軟性を提供します。

軽ミゾの鋼材加工実績

このカテゴリーの投稿はありません。

軽ミゾ 寸法表

サイズ(mm) 単重 kg/m
1.6 x 40 x 20 0.939
2.3 x 40 x 20 1.31
3.2 x 40 x 40 2.75
1.6 x 60 x 30 1.44
2.3 x 60 x 30 2.03
2.3 x 80 x 40 2.75
2.3 x 100 x 40 3.11
3.2 x 100 x 40 4.26
2.3 x 100 x 50 3.47
3.2 x 100 x 50 4.76
3.2 x 120 x 40 4.76
3.2 x 150 x 50 6.02
4.5 x 150 x 50 8.31
4.5 x 150 x 75 10.1
6.0 x 150 x 75 13.2
3.2 x 200 x 50 7.27
4.0 x 200 x 50 9.00
4.5 x 200 x 50 10.1
4.5 x 200 x 75 11.8
6.0 x 200 x 75 15.6
4.0 x 250 x 50 10.6
4.5 x 250 x 50 11.8
4.5 x 250 x 75 13.6
4.5 x 250 x 75 17.9
4.0 x 300 x 50 12.1
4.5 x 300 x 50 13.6
4.5 x 350 x 50 15.4
4.5 x 400 x 75 18.9
6.0 x 400 x 75 25.0
4.5 x 450 x 75 20.7
6.0 x 450 x 75 27.3

<注意>
お見積もり・ご注文の際は必ず弊社担当まで在庫やサイズや重量の確認をお願いします。
このサイズ表はお客様の業務上の参考としてお使いください。

topへ戻る

TOP